子育て

子供の寝かしつけにイライラしてまう・・。そんなママへ私のテクニックを公開します!

更新日:

子育てをしているなかで、悩みの種の一つの

寝かしつけに時間がかかる!

 

なかなか寝てくれない!

寝かせようとしても寝てくれなくてイライラする!

 

どうして寝てくれないの?

というような悩みがある方も多いと思います。

 

私もだいぶこの悩みに悩まされてきました・・・。(泣)

 

抱っこしたまま数時間たっていた・寝たと思っても

すぐ起きてしまうということが日常茶飯事でした・・・。(泣)

私も眠たいし子供は寝ないしほんとにくったくたでした!

 

1番下の子は、お布団に入ると寝かしつけに

特別何かしなければいけないことも無く

そばに居るだけで寝てくれていました!!

 

そこで、寝かしつけに悩まされた頃の体験談を元に、

実際に実践していた寝かしつけテクニックを紹介していきますね!

 

お昼寝の時間を見直そう!

 

まだ小さい子はお昼寝もしますよね!

 

もしかしたら、お昼寝の時間がばらばらだったり、遅かったりしませんか?

 

お昼寝時間が遅かったりすると、夜の眠くなる時間が遅くなり、

お母さんが寝かそうと思ってもなかなか寝ようとしてくれませんよね・・。

 

お子さんの眠くなるサイクルを観察してみて

夜しっかり寝る為に昼寝の時間を早めてみてはいかがでしょうか

 

また、お昼寝をしたら起きるまで寝かせてあげるのではなく、

1時間なら1時間と時間を決めてみて

時間が来ても起きないようであれば

起こしてみてもいいかもしれませんね!

 

私は上の子の時に、1度この方法を試してみました。

 

すると、その日は夜もすんなり寝てくれたので、

それ以来お昼寝をする時間を1時間と決めていました!

 

我が子の場合は、

1度寝るとがっつり寝てしまう子なので

余計に夜寝る時間になっても

体力が有り余っていたんだと気づかされました!!

 

私は一緒に1時間以上一緒にお昼寝したかったですが・・・

でも夜の為ですね(泣)

 

昼間の活動量は?

 

しっかりお昼寝をする事はいいことですし、

成長過程において必要なことです!

 

ですが、お昼寝をしたあと、ほとんど活動していないとなると、

意外と子供の体力はすごいので、

夜寝る時間になっても体力が余っていて遊びたい!!眠たくない!!と思って

なかなか寝ようとしてくれません。

 

沢山遊んで体力を使うことで、疲れていたら夜もすっと寝てくれるようになりますよ!!

 

お母さんは大変かもしれませんが、

公園に行ったり、児童館などに行ってみたり、

 

色んなお友達と関わることで頭を使い、

体力も使い、あ~今日は楽しかった!と

気持ちよく寝れると思います♪♪

 

しっかり動いてしっかり寝て貰うためにも、

天気の良い日は公園へ行ったり

近所をお散歩したりしていましたよ♪

おかげで私も夜ぐっすりですね(笑)

 

お散歩だけでも、虫を見つけたり、石ころを見つけたり、近くを走る車をみたり

近所の人に会ってお話したりと、沢山楽しむことができますよ!!

 

寝る時間には寝る気にさせよう!

 

夜になると、子供に興奮するような刺激を与えず、

まったりとした時間を過ごすといいですよ!

 

笑って遊んだり、TVを見てたり、激しく動いていると、

脳が興奮状態になりなかなか眠くなりません・・。

 

夜は静かにしとくんだよ~と教えるように、

絵本を読んだり、童謡の歌を歌ったりと

 

心を落ち着かせリラックスした状態にしてあげましょうね!!

 

私はよく、部屋を薄暗くしてお布団へ行き、まったりした時間を過ごし、

声を小さくして本を読んだりしていました!!

 

最初はなかなか眠る部屋にも行きたがらなかったのですが、

今日はどんな絵本を読もうかな?など

子供が興味のありそうなことで部屋に誘導してました♪

 

夜の寝る時間の少し前から寝りについていく環境を作ってあげることで、

子供はだんだん習慣になっていきますよーー!!

 

寝る部屋、遊ぶ部屋と子供に区別がつけれるようになることで、

自然と寝室に行くと寝る体勢になり、

寝かしつけが楽になりました♪

 

今では、大きくなったという事もありますが、

寝室と普段生活しているスペースも完全に分けて

 

寝る時間には寝室のある部屋に行くことで、

寝る時間と認識できているため、

布団に入ったら、こちらがびっくりする程早く寝てくれます♪

 

一定のリズムで!

 

小さい赤ちゃんは、お母さんのおなかの中の記憶があり、

心臓の音のリズムに安心感があります!

 

そのリズムと同じ様に、おなかや背中を優しく

トントンしてあげるだけでも、気持ちが落ち着きますよ!!

 

抱っこでないと寝てくれないよ~!って方は、

 

なるべく心臓に近いところで抱き、

お母さんと赤ちゃんの体を密着して、

包み込んでいる様にしてあげると、

気持ちがすごく落ち着くようです♪

 

お子さんによって、

トントンが良かったり、スリスリが良かったりと違いはありますが、

 

好みを見つけてあげると、

案外簡単に寝かしつけが成功するかもしれないです!!

 

我が家では、まだ小さい頃よく家事をしている間にパパの膝に座って、

一緒に過ごしていたのですが、お腹に寝そべっていると、

気がついたら寝ていることが頻繁にありました!!

 

それを見たら えっつ!!って思いますよね・・(笑)

 

でも心臓の音は赤ちゃんが落ち着くというのは

聞いたことがありましたが、

これを経験して心臓の音と、パパが呼吸をしていて

お腹が一定のリズムで動いているから、

心地よくなるんだな!と実感しましたよ♪

 

 

まとめ

 

お子さんによって、寝るタイミング・時間などばらばらで、

どのお子さんにも効果あるとは言い切れませんが、

 

寝かしつけは時間もかかり、

その間何も出来ないという方が多いと思います・・。

 

紹介したテクニックなんかもう全部やって見たという方もいると思いますし、

なかなか解決しない悩みでもありますよね!

 

私も効果あったから次もと挑戦すると失敗した!!

ということも何度もあります・・・。

 

絶対に寝かしつけがうまくいくとは言い切れませんが、

効果あればいいな~という感覚で参考にしていただけると嬉しいです!!

 

失敗をストレスに感じないようにしてくださいね♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

-子育て

Copyright© 出産・育児・家事に関する不思議箱 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.